1976年にフランスに生まれたフィルマン・アルシャンボー(オリヴィエ・フィリップ)は、幼い頃から音楽に魅せられ、独学でギターを習得した。今日では、フィルマンは著名なギタリストである金庸太の指導の下その技巧を極めつつあり、同時にアナリーゼと作曲を高名な作曲家の壺井一歩から学んでいる。ギター演奏を好む一方、フィルマンは楽器製作にも情熱を持っており、自らアトリエを構え、現在最初の自作ギターを製作中である。

フィルマンは2000年に来日し、東京大学大学院医学系研究科にて博士号を取得した。移民としての自身の経験から、外国人が置かれた不安定な状況とそれに伴う差別を必然的に感じることになった。彼は在日外国人の生活と権利のアクティビストとなり、全国一般労働組合東京南部やNPO法人「移住者と連帯するネットワーク」などと共に、外国人労働者の支援活動を精力的に行っている。

Firmin Archambault - Classical Guitar and Composition

©2021 Firmin Archambault

CONTACT US

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

Log in with your credentials

Forgot your details?